seの転職先まとめ

2016.02.22 ランキング・データ・調査

seの転職先にはどんな候補があるの?~異業種まとめ~

IT/パソコン操作/プログラミングなど多くの専門知識に長けているse。その豊富な知識と経験を活かして他の職種へ転職する方もたくさんいらっしゃいます。
もともとフリーランスで働けることもあり転職回数が多いseですから転職自体はよくある話ですよね。

とはいえ転職するとなればやはり経験や知識を活かせる職場である方が、さらなるスキルアップやキャリアアップに繋がりますし 採用率も上がるというもの。
そこで今回はseの転職でおすすめの異業種についてご紹介したいと思います。

seにおすすめの異業種一覧

・汎用系
・オープン系
・Web系
・制御系

seの仕事内容とも親和性があり他の異業種の中でも転職しやすい部類に入るでしょう。デザインが好きでエンジニアとしての経験があるなら、Web系の仕事でたとえばデザイナーへの転職も視野に入れることができます。

・営業職
パソコンスキルや知識が必要な業界であれば豊富な知識を活かしての活躍が期待できます。IT企業の営業職であればseの知識を存分に活かすことができるでしょう。

・金融業
こちら業界でも経験や知識を持っているse人材が求められています。また給与も高めですので年収アップを狙うなら最適の転職先であると言えるでしょう。

・ITコンサルタント
今まで培ってきたseの知識やスキルを活用して働くことができるうえ、今より上を目指すなどキャリアアップも目指すことができるようでしょう。

・講師/インストラクター
seを目指す人達に業界で必要な知識を教える講師、またはパソコンスキルを教えるインストラクターとしても働くことができます。デスクワークだけじゃなく人と交流することが好きという方におすすめの異業種です。

転職は経験重視で考えた方がベター

前述したような職業であればこれまでの知識があるということを加味して採用側も乗り気になってくれると思います。
しかし全く別の業種を選ぶのであれば少々条件が難しいかもしれません。
20代の若い世代ならともかくとして特に年齢が上がるほど業務経験を重要視する傾向にあるので、年齢を重ねているのであれば中小企業よりも人材育成に余力のある、大きな会社への転職を目指す方が双方に負担が少なくて良いでしょう。
また異業種への転職を希望するのであれば、転職サイトなどに登録してエージェントにマッチングしてもらう方がスムーズです。

seの経験は可能性を広げてくれる!

今回は seの転職におすすめの異業種をご紹介させていただきました。
この他にもseとして働いたことを無駄にすることなく活躍することができる異業種は思いの外たくさん存在します。
seの仕事に迷いが生じたり疑問を感じたりするのであれば、このような異業種に目を向けてみるのも一つの手です。
seの転職にもさまざまな可能性が眠っていますので是非さまざまな業種に注目してみてくださいね。
にし
元ゲーム開発会社勤務
ゲーム好き過ぎてゲーム作る側に回っちゃったものの、今はポチポチ文章書いてるのが楽しいです。

この記事のあとによく読まれている記事

混同されがちなSEとプログラマーの違いとは?
SEもプログラマーも「プログラミングしている人」とごっちゃになってしまっていませんか?ホントはそれぞ…
SEは女性から見て魅力的に見える?
お医者さんや商社マンなど女性からモテるとされる職業は存在しますが、自分のことを職業で判断していると…
ホワイトデーってだいたい予算相場はどれくらいなの?
ホワイトデーの予算の相場は一体どれくらいがベストなのか!?女性の本音を理解しつついくらくらいがいい…
転職で失敗しないために!SEが面接で聞いておくべきこととは?
SEの転職では会社とのミスマッチで失敗してしまう例も数多くあります。しかし面接でそのような失敗を防ぐ…