やりたいこと別 習得しておくといいプログラミング言語

2016.02.05 ランキング・データ・調査

やりたいこと別 習得すべきプログラミング言語

これからSEを目指そうという人がまずぶつかるポイントが、どのプログラミング言語を習得すればよいか?というだろう。また、これまでSEとして経験を積み重ねてきた人が、新たなプログラミング言語を習得しようという場合も、どの言語を習得すべきかは考えどころ……。当然ながらプログラミング言語によって使われている業界は異なるため、就職するにせよ転職するにせよ、どの言語を習得するかは重要だ。 そこで、開発したいソフトウェアの内容から逆算して習得すべきプログラミング言語を解説しよう。

スマホアプリ=Swift、JAVA

iOS向けのプログラムは主にSwiftかObjective-Cで、Android向けの言語は主にJAVAで書くことになる。そのため、スマホアプリ開発をやりたいのであれば、SwiftかJAVAの習得が必須だ。iOSの場合、今後Objective-CからSwiftへと移行が進んでいくことを鑑みると、Objective-CではなくSwiftを習得しておいた方が望ましい。また、開発案件としてはiOSアプリもAndroidアプリも両方開発するというものが多いため、スマホアプリを開発するSEを目指す場合、Swift、JAVA両方の習得を目指した方がよいだろう。

WEBアプリ(クライアント側)=JavaScript

WEBアプリのクライアント側開発をやりたい場合、JavaScript以外の選択肢がないため、JavaScriptの習得が必須だ。 HTML5技術によって、WEBアプリであってもクライアント側でファイルの読み書きができるようになったり、ある程度のクオリティのゲームであれば開発可能になった。このHTML5を実装するためにはJavaScriptのコーディングが必須。もし今後WEB系のSEになることをイメージしているのであれば、必修のプログラミング言語といえるだろう。

WEBアプリ(サーバー側)=PHP

WEBアプリのサーバー側開発をやりたい場合、PHPの習得がオススメだ。WEBアプリとして開発されるタイプのソーシャルゲームではPHPが採用されることが多いこと、またWEBサイトを開発する際に採用されることの多いCMS、WordpressはPHPで書かれている。Wordpressはまだまだ導入する企業が多いため、WEB系のSEとして転職する場合、PHPを習得すれば困らないはずだ。

デスクトップ・アプリケーション=VB.NET、Swift

Windows向けのデスクトップ・アプリケーション開発をやりたい場合、VB.NETやC#をはじめとしてC言語、C++、JavaScript…とあらゆる言語がカバーされている。このため、既に言語を習得しているのであれば、自分が得意とする言語で開発可能だ。 また、市場的にはデスクトップ・アプリケーションよりもWEBアプリやスマホアプリの需要が高まっていることを鑑みると、汎用性の高いC言語やWEBアプリに使えるJavaScript等を習得しておくと、今後スマホアプリ系SEとしての転職にも活用できて有利だろう。 なお、WindowsではなくMAC向けのデスクトップ・アプリケーションはSwiftで開発することになるので、素直にSwiftを習得しよう。Swiftを習得してしまえば、MAC向けのデスクトップ・アプリケーションだけでなく、iOS向けのアプリケーションも開発可能になる。

IOT=C言語

モノのインターネット、IOTの開発をやりたいなら、コンパクトなプログラムが書けるC言語を習得しよう。C言語を用いることで、ArduinoやRaspberry Pi等のコンピューターでIOTを試作することが可能だ。

開発したいソフトウェアがイメージできないならJavaScriptがオススメ

以上、習得すべきプログラミング言語を開発したいソフトウェア別に解説してみた。 なお、もしも開発したいソフトウェアがイメージできていないのであれば、JavaScriptをおすすめしておきたい。 WEBアプリクライアント側に向く言語として紹介したJavaScriptだが、サーバー側のコードを記述できるnode.jsを用いれば、WEBアプリのサーバー側を開発することもできるし、PhoneGapやTitaniumといった開発環境を導入すれば、なんとスマホアプリを開発することも可能。また、特別な開発環境がなくともメモ帳とブラウザさえあれば気軽に学習を開始できるという点も魅力だ。JavaScriptは覚えやすい上に、活躍できるフィールドが多いため、SEとして転職する際にも活用できる。迷ったらまず気軽にJavaScriptを触れてみるというのがオススメだ。
ランス
元SE
モンハンの武器がランスってわけではありません。

この記事のあとによく読まれている記事

どこ見てるの?システムエンジニアの面接で見られているポイント
この記事ではシステムエンジニアの面接で失敗しないための、5つのポイントを解説していきたいと思います…
SEが常駐先に転職することはあるの?
客先常駐型のSE職で、常駐先の上司に気に入られて転職を決意する、いわゆる「引き抜き」にあう可能性は大…
社内SEの仕事内容は意外と忙しい!?
社内SEの仕事は決して楽であるとは言えません!会社に所属するSEはどのような仕事内容を求められるのかを…
システムエンジニアが取るべき資格ランキング!第1位は……?
転職を考えているシステムエンジニアに人気の資格ランキングです。システムエンジニアに必要なのは経験だ…