義理チョコに対するホワイトデーのお返しは気の利いたものを!

2016.02.25 お悩み / Q&A

義理チョコのホワイトデーはどんなお返しがベスト?

会社などで女性などと毎日同じ空間にいる環境がある人なんかは、バレンタインデーに義理チョコをたくさんもらうなんてことが毎年の恒例なのではないでしょうか?

毎年の恒例であるのにも関わらず義理チョコのお返しはどういうのがいいのか、毎年ホワイトデーになると悩むという不思議な現象は起きてしまいがちですよね。

実際にどのようなものがベストなのか女性の気持ちを踏まえながら考えていきましょう!

義理チョコにホワイトデーのお返しはそもそも必要?

今までなんとなくお返しをしてきた人も


そもそも義理チョコにお返しって必要なのか?


なんてことを考えたことがある人はいるのではないでしょうか?

これは結論から言えば必要であると言えます。

というのも女性が職場やお世話になっている人に義理チョコを渡す理由としては、感謝の気持ちを込めているというのが一般的です。

年賀状が「去年はお世話になりました~今年もよろしくお願いします」であれば、バレンタインデーは「いつもありがとうございます~これからもよろしくお願いします」という感謝の気持ちを伝えるタイミングとして捉えられていることが多いのです。

年賀状はもらったら返すものですし、そう考えるとバレンタインデーの感謝の気持ちにはホワイトデーにお返しをしなければならないと考えることができますよね!

ホワイトデーはチャンスとして捉えるべき?

義理チョコをあげている女性はあなただけではなく、職場の他の男性にも上げている可能性があります。

もしもらった全員の男性がお返しをした場合にはそれぞれを比較される可能性がありますよね。

比較されたときにあなたが渡したホワイトデーのお返しが他の人よりも気の利いたものであった場合に、その女性からのあなたに対する評価はUPする可能性が高いです。

センスのある男性だな~とか、女心をわかってるな~とか女性に感じてもらえるかもしれませんし、恋愛に発展しないとしても少なからずコミュニケーションがとりやすくなるかもしれません。

つまり義理チョコだからといってホワイトデーは適当なものでもいいかというとそうでもないのだということです!

頑張りすぎたお返しは引いちゃいますよ!

適当に選んではいけないと言っても、あまりに頑張りすぎてしまうと


え?この人なんか下心でもあるのかな…?ないわ~


なんて思われてしまうこともあるのです。

適度に気の利いたお返しを用意することが評価をあげるための方法であると言えます。

具体的に言えばお菓子をあげたい場合には、新作限定商品もしくは有名店のスイーツなんかで“手抜き”じゃない感を演出していきましょう。

また人と違うものをあげようとして“モノ”をあげようとする人もいるんですがあまりこれはおすすめできません。

女性の意見として


“かたちに残るものじゃなく消化できるもののほうがありがたい!”


なんて意見があるからです。

もしお菓子じゃないものをあげたい場合には女性に人気のブランドが出している“紅茶のティーパック詰め合わせ”なんかを用意してあげるのもオシャレでいいのかもしれませんね!

頑張りすぎず気の利いたものでチャンスを利用しましょう!

義理チョコをもらってホワイトデーのお返しを用意しなくてはならないときに、面倒くさいと思わずにチャンスだと思うようにしましょう!

あなたのお返しが他の人よりも気の利いたものであればきっと女性からの評価があがるはずです!

しかし貰った人全員に同じものはヤメテくださいね!

もらったチョコの価格帯に合わせてそれ相応もしくはそれ以上の金額のお返しを個別に用意するようにしましょう!

あとあとみんなに同じ物をあげていたと知られたら、評価もむしろ下がってしまう可能性もありますのでね…。

今年のホワイトデーはうまく利用して自分の評価に繋げちゃいましょう!
はやぶさ
元WEB制作会社勤務
記事の執筆速度の早さなら負けません。

この記事のあとによく読まれている記事

システムエンジニアあるある【体調編】
システムエンジニアなどIT業界で働く人間は働いている間中ずっとパソコンの画面を見っぱなしです。ずっと…
どこ見てるの?システムエンジニアの面接で見られているポイント
この記事ではシステムエンジニアの面接で失敗しないための、5つのポイントを解説していきたいと思います…
システムエンジニアの転職で使える志望動機の書き方!
システムエンジニアの方が就職転職する際に必要な、志望動機の書き方のコツを簡単に解説します!どれだけ…
システムエンジニアの本来の意味とは
システムエンジニアという言葉は、本来システム工学というより広義にシステムを捉えた概念でした。日本に…