SEが転職する時に面接で気をつける点

2016.05.24 コラム・事例・インタビュー

社内SEに転職する際の面接で気をつけるべきポイントは?

SEの方で、現状に満足できなかったり、違う環境に身を置いてみようと思ったりした時に人気のある職業が「社内SE」です。

企業内のシステム担当として全般的に管理を行う業務であり、客先常駐などに比べると比較的激務ではないイメージがあります。

前職に比べると、企業自体のメイン業務が変わってしまうため、いざ転職しようと考えた時に、どういう形で面接に臨めばいいのか、内容は何を聞かれるのか、で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

社内SEだからといって面接の内容はそんなに変わりません

通常のエンジニアだからこう、だとか社内SEだからこれを知っていなければいけない
というようなことは基本的にありません。

普通の転職活動と同様に、複数回の面接を受けて、その人に適性があるかどうかを判断します。

ポイントとしては、通常のSE採用では「何か一つ特化したところがあるか」を見られることがあります。

これは、システム開発自体が複数人で行われることが多いため、チームの中で強みをひとつ活かして業務を行ってみんなで組み上げていくことが理由です。
(もちろん、プロジェクトマネージャーなど全体統括の立場では違ってきますが)

しかし、社内エンジニアにおいてはその限りではありません。
大抵の場合は前職よりも規模が小さいチームで、社内全体のシステム開発から問い合わせ対応までを全て行わなければならないため「全体を見る力」が問われます。

システムを理解し、正しく運用できるか、が戦力として必要なんです。

通常の転職と同様に挑みましょう

新卒での採用ではないので、面接での志望動機や受け答えも社内SEとして考えましょう。

「なりたい自分はどのような人物か」
「入社した後理想像を叶えるためのスキルアッププランはどう描いているのか」
「前職での業務における自身の立ち位置と、入社後どれぐらい利益になるのか」

といった、将来像と還元できる利益をしっかりと把握しておきましょう。
ランス
元SE
モンハンの武器がランスってわけではありません。

この記事のあとによく読まれている記事

女性seの転職の場合に抑えるべきポイントは?
この記事では女性seの転職にいて解説していきたいと思います。IT業界での活躍ができるシステムエンジニア…
SEが知っておきたい面接ポイントをご紹介!
SEの人が知っておきたい面接のポイントをご紹介します!システムエンジニアだからこそ気を付けておきたい…
転職で失敗しないために!SEが面接で聞いておくべきこととは?
SEの転職では会社とのミスマッチで失敗してしまう例も数多くあります。しかし面接でそのような失敗を防ぐ…
SEにも簡単にできる!効果的な食生活改善のススメ
うつ病と肥満はSEの職業病であるとも言えます。しかしそれらの病気にかかる可能性やリスクは日頃の食生活…